食事制限系のダイエットは知らないうちに、身体に負担をかけていることが多くあります。
もちろん、食事制限や過度な運動を短期間続けていれば痩せるでしょう。
しかし、無理なダイエットは身体に栄養が行き届かず長期間続けられないので、リバウンドにも繋がってしまいます。
きついダイエットを乗り越えてもすぐリバウンドをしてしまっては意味がないですし
ダイエットは結果はすぐに出なくても、継続することが何より大切です。
そのためには、なるべくストレスのかからない方法でダイエットを続けたいですよね。
そんな時におすすめなのが、食べる順番を変える方法です。詳しく解説してきますね。

・食べる順番を変えるだけ

食べる順番を変えるダイエットは、食事を取る際に野菜→タンパク質→炭水化物の順番で食べるダイエット法です。
必要なのは、野菜とタンパク質、炭水化物を一回の食事で用意することと
この食べる順番をキッチリ守ることだけです。

空腹時に炭水化物をとってしまうと、インスリンが多く分泌され余分な糖質を脂肪として蓄えますが
野菜から取ることにより、徐々に満腹感を得ることで血糖値の上昇を抑え、糖質はエネルギーとして排出されるのです。
主食を最後に食べることで過食を抑え糖質のとり過ぎも防いでくれます。
つまり、美味しく食事をしながら、痩せ体質にすることができます。
無理な食事制限をするより、この食事方法を意識し、ストレッチや半身浴などを行うほうが健康的に継続的にダイエットできます。